顔のタルミにはマッサージ

女優さんや歌手の若い時の姿をテレビなどで見ることがあります。女優さんなどは年をとってからもきれいな人が多いのですが、若いときは初々しくてとてもきれいですね。特に年をとった時と若い時の違いは顔の大きさです。若いときの方が顔の輪郭がシャープで、顔が小さく見えます。太ったわけではないのに顔が大きくなったり輪郭がもったりしてくるのは、肌がたるんでくるためです。ハリのある肌を取り戻すためには老廃物をとってリンパの流れを良くしてあげる必要があります。顔を指で押してみると痛みがある箇所がありますね。それは老廃物がたまっているからです。マッサージをして老廃物を流していくとタルミを解消することができ、顔も小さくなっていきます。リンパ節は耳の後ろや鎖骨のあたりにあります。そこに老廃物を流すように内から外に向かってするのが基本になります。顔のタルミを解消するには顔のマッサージだけではなく頭皮もするとより一層効果があがります。